rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「あなたを愛することができるのは今日しかないかもしれないのだから」という想いで始める聖テレーズの「今日のためだけに」の祈り。そして、1日の終わりに叫びとして「あなたを愛しています。だからこそ、あなたにすべて委ねます」祈る「愛の祈り」。

7月7日を経験してそれまで以上にその想いが自分にとって本当になっていくのを思う。人はいつ、何があるのかわからない。本当にその想い、祈りが身につまされた。私が生きている、それだけで奇跡に等しい。

…だからこそ、今日しか私の主を愛せる日がないかもしれないと、精一杯今日を生き、今日の終わりに「あなたを愛します。命がある限りにいい続けます」と、もしかしたらこれで終わってしまうかもしれないからこそ叫び声をあげる。

あなたを、愛していますと。

7.7を超えて私は生きている。
あの恐怖も悲しみも、忘れることはできない。
私はLondonerのひとりとして、Londonに生きていることを
心のそこから誇りに思う。
そしてそれと同時に、
今日与えられた命を精一杯生きる。

主よどうか。
御許に召された人々を抱きしめてください。
そしてロンドンが一日も早く、
悲しみから立ち上がりますように。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maytetherese.blog11.fc2.com/tb.php/8-56cd94d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。