rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
YGTが近い。

去年の6月のYGTのCD(すがぴーさんきゅう)を聞きながら、なんだかとても懐かしくて涙が出てきてしまった。この国でも青年活動はある。私の通う教会でも最初の日曜日に青年ミサがある。けれど知り合いのいない私はなかなか溶け込めずにいる。

そんな中去年のYGTを思い出した。歌い手をやらせてもらった。2年前のYGT。初めて参加した時、私のことを知り合いに紹介してくれた人がいた。その次のYGTは、SJと参加した。この2年、色々なことがあった。

テゼにも顔を出すようになって、あちこちに行って。

相変わらず泊まりの会合には行かれないけれども、色々な人と共に祈る嬉しさを分かち合い、色々な人と話をし、色々な人の人生を垣間見て。自分がいかに井の中の蛙であったかを、知ることになった。私という人間を変えてきた。

ひとりで祈り、ひとりで耐え続けてきた15年もの年月を、中間達との出会いが大きく変えた。私をより多くの祈りが支えてくれるようになった。心から信頼する友人たち。共に祈り、ともに信仰について語り、ともにギャグをかます。日常茶飯事に聖書の言葉がぽい、と口をついて出てきてもそれがとてもごく自然だったり。

そう。7の70倍、とかね。

YGT。出たかった。本当に私にとっては「出会っていますか」という1年前のタイトルどおり、あそこは出会いの場だったから。

主は言われる。私の名によってあなたたちが集まるところに、私はいる。と。あなたの名によって集まる彼らの上にお恵みを。せめて魂だけでも、そこにいることができますように。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maytetherese.blog11.fc2.com/tb.php/3-1d91441e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。