rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
姉と久々にメッセで話をしていた時、どうやって自分を奮い立たせるのか、という話をしていた時。彼女が発した言葉が

「Live only for today!」

だった。

それは奇しくも、

Rien que pour aujourd'hui

このブログのタイトルになっているテレーズの言葉に一致する。
「今日のためだけに」

という彼女の言葉と一致する。

私が忘れていた彼女の言葉を、私が愛する姉という
とても近い人の言葉に乗せて彼女は私に伝えてくれた。

もう一度。あなたが私の側にいることを、
あなたのところに行かなくなった私に
こんな形であなたは教えてくれるのだ。

主よ感謝します。
この恵みに。そしてそれを見分ける力を、
こんなに弱った私にお与えくださったあなたの愛に。

テレーズは言ったに違いない
「私は、今彼女に助けを与えたいのです。
  でも、彼女は今とても弱っていて、私の言葉を聞き分ける力が
  きっとないと思うのです。あんなに揺れているのですから。
  
 だけれども、あなたなら、
   私がお願いすることを叶えてくださいますよね。
 
 私は彼女に声をかけたいのです。
   彼女が聞こえるようにしてください」

テレーズ、確かにあなたの声を聞きました。

あなたの「肉声」は聴いたことがないけれど
これは確かにあなたの声でしょう?

私はこんなにも惨めだと言うのに、
あなたは私にもう一度立ち上がれという。
私はこんなに情けないのに
あなたは私に声をかけ、ついてくるようにと言う。
力を振り絞れと言う。

今まで一度もそんなことをしたことがなかった私に。

卒論の時ですら、あなたは私に声をかけなかった。一度も。

なのに今。こんなに声をかけられても動けないのに
あなたは私を見捨てない。
あなたが私を信じてくれている。
こんな私にあなたはまだ声をかける。
「ついてきなさい。立ちなさい。」

テレーズ、あなたはまだ私を引っ張ろうとする

まだ私を信じてくれている。
そして私に、愛していると声をかける。
「私の後に続きなさい」と。

ならば、もうひとつ願っていいですか。

あなたの後に続くことのできる力をください。
あなたの後に続きたいから。

「選び取ったものには、選んだ責任がある」

あの彼の言葉を思い出す。

祈ろう。この恵みが私の糧となるように。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maytetherese.blog11.fc2.com/tb.php/29-ab8e8e33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。