rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
少し前の朗読箇所だけれども。

私が理由もなく(いやそんなことはないのだけれど)落ち込んでいたときの朗読箇所。

サムエル記上15:16-23の箇所の中に
(サムエルは言った)「あなたは自分自身の目には取るに足らぬものと映っているかもしれない。しかしあなたはイスラエルの諸部族の頭ではないか。主は油を注いであなたをイスラエルの上に王とされたのだ。・・・」という箇所があった。

「自分自身は取るに足りないものだ」という気持ちは「謙遜」だけれども、そこに「神への信頼」、神が自分を選んだと言う委託の謙遜ではなくそれは「偽りの謙遜」だったのだろうか。「神が自分を選んだ」ことに対する、神への信頼。謙遜>神の選択への委託 は、時として神の意志を汲み取る目を曇らせる。感謝<謙遜ということなのだろうか。

「こんな私に神は目を留められた」という感謝ではなく、「神が目を留めてくださったが私は取るに足らないものだ」という気持ち。それがサウルの目を曇らせたのだろうか。

私にとってぐっさりと来たのは

「主が喜ばれるのは焼き尽くすささげものやいけにえであろうか。むしろ主の御声に聞き従うことではないか。」

というくだり。自ら進んでおきての通りにいけにえを捧げることよりも、主はむしろそのみ声を聞き分けることを喜ばれる。だからこそ例えば修道者となったりすることは、自発的に、自分のために、ではなくそこに「召しだしが在るか」ということをとても重視されるのだろうと思う。

その同じ日のアレルヤ唱には
「神の言葉は生きていて力があり、心の思いと計画をわきまえる」
とある。
心の思いと計画をわきまえること。それはすなわち、み旨を聞き分けると言うことなのではないだろうか。

新しい皮袋には新しいぶどう酒を入れるものだ。
だから人それぞれに神は「新しい計画」をなされる。
そうしなければ、その革袋は破れ、ぶどう酒はだめになる。

神に感謝。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maytetherese.blog11.fc2.com/tb.php/24-b582aeb3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。