rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
召しだしに応え、この召命を選び取って10年近く。信仰の道も、そして歩む道も、この召し出しに応えて道しるべに沿ってこうして歩いてきた。ここに来て主は、私に「渇き」を与えられる。

「イエス様は、私の小船の中で眠ってしまって、お起きになられません」。

…テレーズに倣い、私にも主を求め、探すように、主は仰せになる。私がテレーズの娘であればこそ彼女に対するのと同じ試練、同じ渇きをおあたえになる。この召し出しに私が応えるのかどうか。私がこの試練をあなたを求めてあなたの十字架の下に留まり続けるのか、あなたは私にお尋ねになる。

あなたは私の小船の中で、深く深く眠られて、お呼びしてもお応えにならない。

でも私はあなたが私の小船の中に「居られる」のを知っている。そして。私がテレーズの娘であればこそ、同じ渇きを、同じ想いを私におあたえになるのだということも。テレーズ、私は再び召し出しに応えます。

この渇きはなんという喜び。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://maytetherese.blog11.fc2.com/tb.php/20-363523a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。