rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
求道者として自分を位置づけるようになってから、もう16年になる。いろいろな事情で、主はここまで私を焼き尽くすために準備され続けてきている。

…さて、どんな風に私は焼き尽くされるのだろう。

その間の私の状況をご存知な神父様は数名おられるけれども、どういう訳か、霊的同伴としてのご縁がない。真生会館の神父様とお話をしたこともある。彼は、私に洗礼を何回かの分かち合いをしたらすぐにでも授けたい、とおっしゃってくださった。吉祥寺教会のとある神父様は、自分は霊的同伴になるには若い、とおっしゃった。イギリス時代からご存知の神父様とは、なぜか連絡が途絶えがちだったりする(私のイギリス時代をご存知ということもあって、お話が一番しやすいというのはあるのだけれども)。

そういう意味では「師」としての霊的同伴になかなか巡り合えない。それはおそらく、「時」ではないからなのではないかな。と思ったりもする。

「主のみで足りる」

……これを地で行けていたらいいのだけれども。と、思ったりも。
スポンサーサイト
Hail, Mary full of grace, the Lord is with thee.
Blessed are thou amongst women, and blessed is the fruit of thy womb Jesus. Holy Mary, mother of God, pray for us sinners now and at the hour of our death.

毎週日曜、イグナチオにての英語ミサ終了後に聖母像前でロザリオを全員で1環祈る。常連であることもあって、なぜか先唱をすることがけっこうある。大体第2・3玄義のあたり。

つい先日のミサで、上智の留学生が加わった。彼の先唱での玄義の間中、とても心が穏やかになっているのをずっと感じていた。不思議な感覚。

なんでだろう…と思っていたのだけれども。

何回目かのHail, Maryの時にふと気づいた。彼の祈りが口祷になっていないのだ。ということ。語りかけ、心を込め、1回1回に万感の思いを込めて祈りをささげている、ということ。

その祈りに、思わず目を閉じて聞き入ってしまっていた。

それ以来、自分の口祷のときの気持ちの持ち方が全然違うことにふと気づいた。

アビラの大聖テレジアが口祷について、完徳への道で説いている。言葉をただ口にするだけになっていないか、と。念祷が伴わなければ、それは祈りにはならないのだと。

それを教えてくれたチャールズに、感謝。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。