rien que pour aujourd' hui

今日という一日、命を与えられた恵みに感謝して、ただ今日を一生懸命に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ふと、前の教皇様、ヨハネ・パウロ2世を思い出した。

今日、WYDの日本事務所からメールが届いていたから、というのもあるかもしれない。

WYD。今年は行くつもりだった。修論を抱えてでも行くつもりだった。どうやら、行かれないことになりそうではあるけれども。

世界を平和にしたくって、世界中を走り回ったパパ様。「パパ」は、「教皇」という意味だけれども、私にとっては文字通り「パパ」様だった。今でもやっぱり、ミサ中に、私たちの法皇、ベネディクト、という言葉は耳慣れない。

空飛ぶ教皇、ヨハネ・パウロ2世。

「世界に愛の灯を」私たちに、パパ様はそう呼びかけていた。近年のパパ様は、病に冒されながらもそのために走り回っていた。

亡きパパ様の遺志を継いで、この先歩いていけたら。
平和の道具として、自分を主に明け渡すことができたら。

ひとりでは、パパ様のようにはなれないけれども、
きっと、少しずつの想いが集まれば
パパ様の想いを少しずつ、私たちが実践することが
できるに違いないと、思う。願う。

祈りと共に。
スポンサーサイト
今日の第1朗読はシラ書。

立ち帰ろうとするものに、神は道を開かれる。

という、新約でいうところの放蕩息子に通じる部分があった。
…正直な話、涙が出そうだった。

私はいつも、どこかでだめになる。
どこかで自分に甘くなる。最後の最後で頑張りきれない。

とか言って、今だって論文やらないでこれ書いてるけど

聖三位一体の祝日の昨日、お説教で神父さんが
「私は、なぜ聖三位一体の祝日を、復活節にやらないのかと思うのです。なぜ、Ordinal Yearにするのかと思ったのです。でも、良く考えてみたら、それはとても正しいことのように思います。なぜならば、聖霊降臨(ペンテコスタ)の後、聖三位を賛美することで、新しい日々を始めるために、復活節の後に来ているのだと、思い立ったからです」と仰った。

なるほど。

だったなら、私も今週から、新しい私を始めよう。
そう思って、今日から頑張ろうと思い始めたからだ。

朝の祈りに、毎日のミサを開き、一日の奉献をして、第1朗読をふと読み始めたとたんに。立ち帰るひとへの主の愛が、溢れていた。

ああ、神様は待っていたんだ。

そう思ったとたんに、とても嬉しかった。
神様はこうやって、私が帰ってくることを励まされる。
何度も、何度もこうして、帰ってくることを励まされる。
何度離れても、何度帰ってきても。
そして、「おかえり」と何度でも迎えてくださる。

鷲の雛のように。
例え私の信仰が曇っても、
その雲の向こうには、大きな太陽が輝いている。
それを私は、知っている。

主に感謝。あなたはいつも、私を引き寄せ抱きしめて、
このままの私を愛してくださる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。